西尾抹茶と抹茶スイーツ西条園の「あいや」本店通販サイト

八十八夜までもうすぐ
八十八夜は、
立春から数えて88日目にあたる日をいいます。

今年は5月1日です。

お茶の葉は、寒い冬に養分を蓄え、
あたたかい春になると、
キレイな「きみどり色」の新芽を出し始めます。

 

o0640048013629734651_3.jpg


 
八十八夜に摘み取った茶葉は、
その後に摘まれる茶葉よりも
栄養価やうまみ成分(テアニン)が多く含まれており、
「新茶を飲むと病気にならない」
「八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きできる」
などと言われています。


もうすぐ待ちに待った八十八夜です。
今年の新茶の出来が楽しみですね。





あいやのお茶はヤフーショッピングからも購入いただけます

あいやについてもっと知りたい方はこちらから
 

茶畑の黒い覆いとは?
今、西尾市では茶畑に黒い覆いがかけられています。
 

茶畑の黒い覆い.jpg


抹茶の原料となる碾茶用の茶葉は、

新芽が出始める4月中旬頃より

寒冷紗という黒い覆いを被せて育てます。

そのようにして新芽に直射日光を当てないことで、

旨みの成分となるテアニンを葉に蓄えることができます。

こうして丹念に育てられた葉を精製加工することで碾茶にし、

さらに茶臼で碾き、抹茶となります。

抹茶スイーツに使われている抹茶は、

このように、長く、手間暇をかけて作られているのです。

今年の葉がどのように育つのか、

毎年この時期がとても楽しみです。

抹茶の製造工程についてもっと知りたい方はこちらからどうぞ

 

抹茶のリラクゼーション効果
抹茶にはたくさんの効果があるといわれますが、

今回は、その中でもリラクゼーション効果についてお話します。
 

抹茶.jpg


抹茶を飲むと、ほっとする、落ち着く、という言葉を良く耳にします。

それは、抹茶の中に含まれるテアニンというアミノ酸の成分によるのです。

抹茶には通常の煎茶の1.52倍のアミノ酸が含まれ、

その半分をテアニンが占めます。

だから、たくさんあるお茶の中でも、

特にほっとするリラクゼーション効果が高いといえます。

疲れた時、ホッとしたいとき、

ぜひ抹茶をどうぞ!