西尾抹茶と抹茶スイーツ西条園の「あいや」本店通販サイト

茶は養生の仙薬なり。

抹茶の製造方法をご存知ですか?

抹茶は、畑から生葉を摘み取り、蒸して乾燥させ、ブレンドして、茶臼で粉砕して粉末にすることで出来上がります。

これは、中国から日本にお茶を持ってきた臨済宗の祖、栄西(1141〜1215)の昔から基本的には変わっていません。

栄西の「喫茶養生記」には以下のようにあります。

<宋朝にて茶を焙る様を見るに、朝に採って即ち蒸し、即ち之を焙る。
懈怠怠慢の者は為すべからざる事なり。
焙る棚には紙を敷く。紙の焦げざる様に火を誘い、工夫して之を焙る。
緩めず。怠らず、終夜眠らずして、夜の内に焙り上る。
好き瓶に盛り、竹葉を以て堅く閉じれば、則ち年歳を経ても損ぜず。>
(『喫茶養生記』より)

終夜眠らずして焙るというのは、何だか厳かですね。

庭2.jpg

<茶は養生の仙薬なり。
延齢の妙術なり。
山谷これを生ずれば其の地神霊なり。
人倫これを採れば其の人長命なり。>(『喫茶養生記』より)
(お茶というものは人間の命を養う仙薬であり、長寿の秘訣である。
しかも、山や谷に茶の木が生えていれば、その地はきわめて神霊の地となり、
人がこれを採って飲めば、その人の命は大変に長らえる)

と記しているので、お茶を神秘的な薬として捉えていたようです。

栄西2.jpg

最終的には、薬研という道具でゴリゴリとすりつぶして、お湯に混ぜて飲んでいたようです。

また、元々、お茶はお坊さんの眠気覚ましや二日酔いの薬として使われていました。

これは逆に、今日でも、眠気覚ましや二日酔いに効果的!ということですよね。

個人的には、コーヒーよりも、たっぷり濃い目のお茶の方が眠気が覚めます。

お酒と一緒に混ぜて飲むと、二日酔い防止にもなりますよ。

抹茶日本酒、抹茶カクテル、抹茶ビール…。

他にも効能がたくさん。美容、アンチエイジング、ガン予防…。

抹茶2.jpg

栄西は当時としては珍しいほど長命の74歳まで生きたそうです。

実際に見本を見せられると説得力がありますよね!

お茶はまさに神秘的な妙薬ですね!

お茶生活、始めてみませんか?

あけましておめでとうございます。
昨年に引き続き、今年も変わらぬご愛顧のほど賜りますよう、よろしくお願いいたします。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は新年早々休みの間に風邪をひき、鼻水に苦しんでおります。
皆様も手洗いうがいをこまめにし、風邪には十分お気を付けくださいませ。

風邪といえば、お茶が効果的と皆様一度は聞いたことがあると思います。
今回はそのお茶の効能についてお話したいと思います。

お茶には、風邪予防に関係する成分がたくさん含まれております。
ビタミンcは疲労回復に効力のある成分で、お茶にはこれが大変多く含まれています。
また、お茶のカフェインは頭痛を和らげ、血行をよくし、利尿作用を高める働きがあるといわれています。

そして、この季節大流行するインフルエンザ。
インフルエンザにも実はお茶が、効果的なんだそうです。
カテキンがインフルエンザウイルスの働きを弱め、予防につながります。

こちらは、あいやで人気のくき茶です。

くき茶 雪

 

くき茶 雪 茶葉

くき茶 雪 袋


200g税抜¥1,200


ポットのお湯を直接注いでも簡単に美味しく入ると人気のお茶です。
お茶の種類により淹れ方が様々なので、あいやスタッフにお気軽にお聞きください。


また、最もお茶の様々な健康成分を摂取できるのが”抹茶”です。
 

抹茶.jpg


お茶そのものを全て摂取できるので、体には本当によい飲み物なんです!
お店にも安いものから¥500〜とリーズナブルにお手に取っていただけます。
ちなみに人気の抹茶は、標準グレードの抹茶”悠山”です。(30g缶入り税抜¥1,000)
 
健康のためにも皆様是非、お茶生活を始めてみてはいかがでしょうか。
私も風邪の再発防止のためお茶をたくさん飲んでいます。
本年も、皆様の御来店心よりお待ちしております。

お茶の保存方法とは?

お茶の正しい保存方法をご存知でしょうか?

お茶は乾燥しているので品質が安定していると思われがちですが、実は非常にデリケートな食品です。

保存方法を誤ると、急激に品質が劣化してお茶本来の味を失ってしまいます。

 

お茶の変質・品質低下の原因には、「湿度」・「酸素」・「光」・「高温」・「移り香」の5つがあります。

「湿度」・・・湿度が高くなると、お茶が湿気を吸って急速に劣化します。

「酸素」・・・酸素は、葉緑素やカテキン、ビタミンCなどを酸化させてしまい、お茶の味わい低下の原因になります。

「光」・・・光に長時間当たると、茶葉の色は変色してしまいます。

「高温」・・・高温下では、葉緑素やカテキンが酸化するため、特に色に悪影響を与えます。

「移り香」・・・茶葉は、匂いを吸着する強力な脱臭作用があるため、他のものの匂いが移ることがあります。

このようにお茶は環境に左右されやすいため、品質が劣化しないように保存することが大切です。

 

では、お茶のおいしさを保つポイントをご紹介いたします。

1.お茶の購入はなるべく少量単位で購入し、開封後はなるべく早めに使いきるようにする(2週間〜1ヶ月程度)とよいでしょう。

 

2.未開封の場合、暑い夏の時期は、そのまま冷蔵庫(もしくは冷凍庫)で保存してください。

寒い時期は、冷暗所で保管するのがお勧めです。

未開封のお茶.jpg

※冷蔵庫から出したお茶は常温に戻してから開封し、使用するように注意しましょう。冷蔵庫から出してすぐに開封すると、温度差で発生した水滴を吸収してしまうため、お茶の鮮度を損ねてしまいます。

 

3.開封後は、密封性と遮光性のある容器に移し、冷暗所(食器棚の中など)で常温保存してください。

※開封後の冷蔵庫での保存は、冷蔵庫内の匂いを茶葉が吸収したり、出し入れの際に湿気を帯びる原因になるため、避けましょう。臭いの強い食品の横に置くと、茶葉がその臭いを吸い、味・香りが劣化し、おいしく飲めなくなりますので注意が必要です。

茶缶.jpg

 

ジップロックでのお茶の保存.jpg

お茶が茶筒に入りきらない場合は、パッケージのまま入れられる大き目の密閉容器(ジップロックやプラスティック容器等)へ入れ、冷暗所で保管しましょう。

     

IMG_1710_2.jpg

中に入れるお茶の種類によって茶缶を変えるのもかわいいですよね。その日の気分や用途に合わせて茶缶も複数用意して使い分けると匂いも防げ、見た目にも楽しいです。

 

もしも、お茶が湿気たり、お茶の風味が落ちてしまった時は・・・

IMG_1631_2.jpg

・フライパンにクッキングペーパー(鍋やフライパンの匂いがつくのを防ぎます)を敷き、弱火でかき混ぜながらじっくり炒って自家製のほうじ茶にしてみたり、茶香炉にもできます(炒る時はこげてしまわないように注意しましょう)

・お茶パックやガーゼなどに包んで下駄箱やシンク下などに置くと、脱臭効果が期待できます。

 

これから季節も変わり、温かいお茶がおいしくなる季節がやってきます。

保存方法に気をつけて、お気に入りのお茶を最後までおいしくいただきましょう!