西尾抹茶と抹茶スイーツ西条園の「あいや」本店通販サイト

茶道具の紹介 〜茶筅編〜

≪茶筅とは≫

茶道において、抹茶を点てるのに使う茶道具のひとつ 茶筅

簡単に言うと、抹茶と湯を淹れた茶碗の中で動かしてかき混ぜる道具です。

 

≪茶筅の選び方

あいや本店や通販でも茶筅を販売していますが、数穂、80本立、100本立、120本立と何が違うのか簡単に説明しますと 本数の違いで「持ち手の太さ」 が変わります。

流派によって使い分けたり、現代ではプラスチック製の茶筅もありますが、ご自宅で点てられる際には、ご自身が使いやすいものが1番です。

 

穂の数と特徴

【数穂】持ち手の太さはかなり細く、本数が少ないのでやや上級者向け。薄茶を点てる時に使用します。

数穂

【80本立】点てやすく、初心者向け。持ち手も細めなので、手の小さい方、女性向き。薄茶用としておすすめです。

八十本立

【100本立】現在最も生産・販売量が多い本数。男女問わず、持ちやすい。薄茶用としておすすめです。

百本立

【120本立】本数が多いほど職人の技術を要するため格が高いとされる高級品。持ち手は太い。120本と穂数が多いため泡が細かく立ち、薄茶用としておすすめです。

百二十本立

中荒穂】濃茶用としておすすめです。穂が太く、こしが強いです。

あいやでは、白竹(裏千家)を店頭販売しておりますが、その他流派や季節に応じた茶筅もご注文いただけます。

 

≪国産茶筅と中国産茶筅の違い

あいやで販売している 同じ80本立茶筅で比べてみましょう。

【中国産80本立】  価格¥1,000(税抜)

【国産 80本立】   価格¥2,600(税抜)

価格面では、倍以上の差がありますが、どのような違いがあるのでしょう。

まず、1番の違いは しなり です!

国産茶筅の最大の特徴は 穂先のしなやかさ ではないでしょうか。

柔らかい分、簡単に泡を点てることができます。

対して中国産茶筅は、穂先が硬いので、点てにくく感じてしまいます。

ですが中国産は、手ごろな値段が魅力的です!

国産と比べると点てやすさは劣りますが、気軽に抹茶を点てることができるので特に初心者の方にはおすすめです。

茶道経験者の方には、やはり国産をおすすめしたいです。

 

茶筅の取扱いで注意したいこと

まず初めに茶筅通しをします。

お茶を点てる前に、湯を張った茶碗に茶筅の穂を浸けます。

穂先を柔らかくすることで折れにくくする効果があります。

必ず穂先が折れていないか確認してから使用します。

点てた後は、水または湯を用いて同様にすすぎ、抹茶が残らないようにしましょう。

使用後は、茶筅休めを使用し、次に使用する際に穂先がきれいに開くよう、使いやすい状態を保つとよいでしょう。

※茶筅休めを使用しないと、右のようにカタチが変わるのが早くなってしまいます。

 

茶道具の中では珍しく、茶筅は消耗品です。

使えば使うほどに穂先に傷みが生じますので、定期的に新しく取り替える必要があります。

穂先が折れてしまったものは、新しく交換しましょう。

穂先が折れる原因は、点てる際に力を入れてしまい、茶碗の底に擦りつけてしまっている場合がほとんどです。

やさしく扱うことで、長くお使いいただけます。

ご自分に合った茶筅をお選びいただき、おいしくお抹茶をお召し上がりくださいませ!

今回ご紹介した茶筅です。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/matcha/c3e3c6bbb6.html

 

西条園抹茶カフェ・グローバルゲート店

10月5日(木)に西条園抹茶カフェ・グローバルゲート店(名古屋市・中村区)がオープンし、1週間が経ちました。
おかげさまでオープン日からずっと、多くのお客様にご来店いただいています。

西条園抹茶カフェ グローバルゲート店 外観.jpg


 西条園抹茶カフェは、西条園とシェ・シバタのコラボレーションで創り上げた抹茶スイーツが楽しめるお店です。
今年3月にオープンしたメイカ―ズピア店(名古屋市・港区)に続き、2店舗目としてグローバルゲート店がオープンしました。
 
「西条園」スイーツは、抹茶を「抹茶スイーツ」という形で、幅広い世代の方に楽しんでいただきたいという思いから創られています。
皆様に商品を手に取っていただく機会を少しでも増やしたいと考え、「西条園抹茶カフェ」として多店舗展開しています。
 
グローバルゲート店は、イ―トインスペースが充実しています。

西条園抹茶カフェ グローバルゲート店 イートインスペース.jpg

 
皆様に落ち着いて抹茶スイーツを楽しんでいただけるよう調光することによって、お洒落な雰囲気の中で、くつろぎながら抹茶スイーツが楽しめるスペースを創りました。
 
今一番人気の商品は「プレミアム抹茶ぱふぇ」(580円(税込))。

プレミアム抹茶ぱふぇ.jpg


「この値段でこの美味しさとボリュームがあるなんて、お得☆」と、とても評判の良い商品です。
上質な抹茶をたっぷり振り掛けたプレミアム生クリームソフトや抹茶カスタードクリーム、オレンジピールなど、カップの中に高級食材が惜しげもなく盛り込まれた、贅沢な抹茶クリームぱふぇです。 
 
今、皆様にもっと美味しく、もっと気持ち良く店を活用していただけるよう、更なる美味しさの追求、効率よく商品提供するためのオペレーションの改善などを急ピッチで進めています。 
 
グローバルゲート店は、名古屋駅から徒歩10分のところにあります。
私も何度か歩きましたが、ちょっとした体を動かすのにちょうどよい距離で、比較的わかりやすい所にあります。

https://saijoen.jp/cafe.html
https://shops.globalgate.nagoya/shop/detail.php?id=120

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
お待ちしております!

おじいちゃんおばあちゃんの笑顔に出会える敬老の日

9月に入り、日中はまだ暑さが残っているものの、トンボが飛んでいる姿を見ると
秋が近づいているなぁと感じます。
あいや本店にも、秋限定の商品が並びましたよ。

秋のお茶詰めあわせ.jpg

9月18日(月)は敬老の日。
おじいちゃんおばあちゃんに、会いに行く方も多いのではないでしょうか。
良い機会ですから、敬老の日は目いっぱいお祝いをしたいものですね。
おじいちゃんおばあちゃんの長寿を祝い、感謝と尊敬の気持ちを伝える敬老の日の贈り物。
でも、何がよいのか悩んでしまうのではないでしょうか。
あいや本店では、おじいちゃんおばあちゃんの笑顔に出会える商品を、多数取り揃えております。
今回は、中でもおすすめの商品をいくつかご紹介いたします。

4種大福詰め合せ.jpg

4種大福 詰め合わせ(抹茶大福 抹茶豆大福 ほうじ茶大福 玄米茶大福 各2個入り)1744円+税
敬老の日のプレゼントランキングでも上位にくる和菓子。
あいや本店で人気の大福4種類を詰め合わせました。
やわらかいお餅の中には、抹茶 ほうじ茶 玄米茶を練り込んだ、なめらかなこし餡がたっぷり。
ご年配の方にも安心して食べていただける大福です。
大福の種類は、お好みのものに変えることもできますよ。

西尾の抹茶海老煎餅

西尾の抹茶海老煎餅

西尾の抹茶 海老煎餅(12枚入り 1160円+税)
高級抹茶をふんだんに使用し、濃厚で格式高い味わいの抹茶海老煎餅。
心地よい固さとふわふわ感の両方が感じられる食感で、ご年配の方にも食べやすい海老煎餅です。         

秋のお茶.jpg

秋のお茶(100g入り 830円+税)
初夏に摘んだ新茶を、夏の間蔵に寝かせ熟成させることにより、旨味が増した味わい深お茶です。
秋のこの時期にだけ出す季節限定の煎茶です。
長寿と健康を願って敬老の日にお茶をプレゼントするのにもピッタリ。
先ほどご紹介した大福や海老煎餅とセットで贈れば、おじいちゃんおばあちゃんと一緒にお茶の時間もできますね。

秋の葉いろどり.jpg

「秋のお茶」と「こんがりほうじ茶豆」をセットにしたギフトもございます。(1280円+税)
ほうじ茶の香ばしい香りとほろ苦い味わいが美味しい豆菓子で、秋限定の商品です。

湯呑.jpg

形に残るものでしたら、湯呑はいかがでしょうか。
蕎麦猪口としても、お使いいただけますよ。


贈るものが決まったら、次に悩むのが熨斗をかけるかどうか。
皆さん悩んだことありませんか。
敬老の日のお祝いの品に熨斗は必須ではありませんが、できれば熨斗を掛けることでより丁寧な印象をあたえます。

祝敬老の日フルネーム2 (2).jpg

敬老の日のお祝いの熨斗には、紅白の水引で蝶結びを用います。
蝶結びは慶事などで繰り返したほうが良いものに用い、敬老の日はこれから何年もお祝いできるようにと繰り返す意味を込めて蝶結びを選びます。
表書きは「祝敬老の日」や「御祝」がもっとも一般的です。
熨斗の下段にはフルネームを書き入れます。

祝敬老の日 孫一同2.jpg

また孫たちからという場合には、「孫一同」のように書き、人数が少ない場合には「一同」ではなく横並びで名前を書きます。

祝敬老の日おじいちゃんおばあちゃんありがとう2.jpg

お孫さんの場合には苗字を省略して、名前のみでも問題ありません。
お孫さんが「ありがとう」と手書きで書けば、喜ばれると思います。

敬老の日シール.jpg

熨斗が堅苦しいと感じられる方は、このようなシールもご用意しております。

参考にしていただけましたでしょうか?
あいや本店で素敵なプレゼントを用意し、お孫さんから祖父母へ世代を超えて「おめでとう」「ありがとう」を伝え、お互いが心に残る素敵な敬老の日をお過ごしください。