西尾抹茶と抹茶スイーツ西条園の「あいや」本店通販サイト

茶道具の紹介 〜茶筅編〜

≪茶筅とは≫

茶道において、抹茶を点てるのに使う茶道具のひとつ 茶筅

簡単に言うと、抹茶と湯を淹れた茶碗の中で動かしてかき混ぜる道具です。

 

≪茶筅の選び方

あいや本店や通販でも茶筅を販売していますが、数穂、80本立、100本立、120本立と何が違うのか簡単に説明しますと 本数の違いで「持ち手の太さ」 が変わります。

流派によって使い分けたり、現代ではプラスチック製の茶筅もありますが、ご自宅で点てられる際には、ご自身が使いやすいものが1番です。

 

穂の数と特徴

【数穂】持ち手の太さはかなり細く、本数が少ないのでやや上級者向け。薄茶を点てる時に使用します。

数穂

【80本立】点てやすく、初心者向け。持ち手も細めなので、手の小さい方、女性向き。薄茶用としておすすめです。

八十本立

【100本立】現在最も生産・販売量が多い本数。男女問わず、持ちやすい。薄茶用としておすすめです。

百本立

【120本立】本数が多いほど職人の技術を要するため格が高いとされる高級品。持ち手は太い。120本と穂数が多いため泡が細かく立ち、薄茶用としておすすめです。

百二十本立

中荒穂】濃茶用としておすすめです。穂が太く、こしが強いです。

あいやでは、白竹(裏千家)を店頭販売しておりますが、その他流派や季節に応じた茶筅もご注文いただけます。

 

≪国産茶筅と中国産茶筅の違い

あいやで販売している 同じ80本立茶筅で比べてみましょう。

【中国産80本立】  価格¥1,000(税抜)

【国産 80本立】   価格¥2,600(税抜)

価格面では、倍以上の差がありますが、どのような違いがあるのでしょう。

まず、1番の違いは しなり です!

国産茶筅の最大の特徴は 穂先のしなやかさ ではないでしょうか。

柔らかい分、簡単に泡を点てることができます。

対して中国産茶筅は、穂先が硬いので、点てにくく感じてしまいます。

ですが中国産は、手ごろな値段が魅力的です!

国産と比べると点てやすさは劣りますが、気軽に抹茶を点てることができるので特に初心者の方にはおすすめです。

茶道経験者の方には、やはり国産をおすすめしたいです。

 

茶筅の取扱いで注意したいこと

まず初めに茶筅通しをします。

お茶を点てる前に、湯を張った茶碗に茶筅の穂を浸けます。

穂先を柔らかくすることで折れにくくする効果があります。

必ず穂先が折れていないか確認してから使用します。

点てた後は、水または湯を用いて同様にすすぎ、抹茶が残らないようにしましょう。

使用後は、茶筅休めを使用し、次に使用する際に穂先がきれいに開くよう、使いやすい状態を保つとよいでしょう。

※茶筅休めを使用しないと、右のようにカタチが変わるのが早くなってしまいます。

 

茶道具の中では珍しく、茶筅は消耗品です。

使えば使うほどに穂先に傷みが生じますので、定期的に新しく取り替える必要があります。

穂先が折れてしまったものは、新しく交換しましょう。

穂先が折れる原因は、点てる際に力を入れてしまい、茶碗の底に擦りつけてしまっている場合がほとんどです。

やさしく扱うことで、長くお使いいただけます。

ご自分に合った茶筅をお選びいただき、おいしくお抹茶をお召し上がりくださいませ!

今回ご紹介した茶筅です。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/matcha/c3e3c6bbb6.html

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
<<あいや本店 お歳暮のご案内
西条園抹茶カフェ・グローバルゲート店>>