西尾抹茶と抹茶スイーツ西条園の「あいや」本店通販サイト

茶は養生の仙薬なり。

抹茶の製造方法をご存知ですか?

抹茶は、畑から生葉を摘み取り、蒸して乾燥させ、ブレンドして、茶臼で粉砕して粉末にすることで出来上がります。

これは、中国から日本にお茶を持ってきた臨済宗の祖、栄西(1141〜1215)の昔から基本的には変わっていません。

栄西の「喫茶養生記」には以下のようにあります。

<宋朝にて茶を焙る様を見るに、朝に採って即ち蒸し、即ち之を焙る。
懈怠怠慢の者は為すべからざる事なり。
焙る棚には紙を敷く。紙の焦げざる様に火を誘い、工夫して之を焙る。
緩めず。怠らず、終夜眠らずして、夜の内に焙り上る。
好き瓶に盛り、竹葉を以て堅く閉じれば、則ち年歳を経ても損ぜず。>
(『喫茶養生記』より)

終夜眠らずして焙るというのは、何だか厳かですね。

庭2.jpg

<茶は養生の仙薬なり。
延齢の妙術なり。
山谷これを生ずれば其の地神霊なり。
人倫これを採れば其の人長命なり。>(『喫茶養生記』より)
(お茶というものは人間の命を養う仙薬であり、長寿の秘訣である。
しかも、山や谷に茶の木が生えていれば、その地はきわめて神霊の地となり、
人がこれを採って飲めば、その人の命は大変に長らえる)

と記しているので、お茶を神秘的な薬として捉えていたようです。

栄西2.jpg

最終的には、薬研という道具でゴリゴリとすりつぶして、お湯に混ぜて飲んでいたようです。

また、元々、お茶はお坊さんの眠気覚ましや二日酔いの薬として使われていました。

これは逆に、今日でも、眠気覚ましや二日酔いに効果的!ということですよね。

個人的には、コーヒーよりも、たっぷり濃い目のお茶の方が眠気が覚めます。

お酒と一緒に混ぜて飲むと、二日酔い防止にもなりますよ。

抹茶日本酒、抹茶カクテル、抹茶ビール…。

他にも効能がたくさん。美容、アンチエイジング、ガン予防…。

抹茶2.jpg

栄西は当時としては珍しいほど長命の74歳まで生きたそうです。

実際に見本を見せられると説得力がありますよね!

お茶はまさに神秘的な妙薬ですね!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
<<雛人形の並べ方(茶器)
西条園抹茶カフェ「メイカーズピア」にオープン!!>>