西尾抹茶と抹茶スイーツ西条園の「あいや」本店通販サイト

お茶の保存方法とは?

お茶の正しい保存方法をご存知でしょうか?

お茶は乾燥しているので品質が安定していると思われがちですが、実は非常にデリケートな食品です。

保存方法を誤ると、急激に品質が劣化してお茶本来の味を失ってしまいます。

 

お茶の変質・品質低下の原因には、「湿度」・「酸素」・「光」・「高温」・「移り香」の5つがあります。

「湿度」・・・湿度が高くなると、お茶が湿気を吸って急速に劣化します。

「酸素」・・・酸素は、葉緑素やカテキン、ビタミンCなどを酸化させてしまい、お茶の味わい低下の原因になります。

「光」・・・光に長時間当たると、茶葉の色は変色してしまいます。

「高温」・・・高温下では、葉緑素やカテキンが酸化するため、特に色に悪影響を与えます。

「移り香」・・・茶葉は、匂いを吸着する強力な脱臭作用があるため、他のものの匂いが移ることがあります。

このようにお茶は環境に左右されやすいため、品質が劣化しないように保存することが大切です。

 

では、お茶のおいしさを保つポイントをご紹介いたします。

1.お茶の購入はなるべく少量単位で購入し、開封後はなるべく早めに使いきるようにする(2週間〜1ヶ月程度)とよいでしょう。

 

2.未開封の場合、暑い夏の時期は、そのまま冷蔵庫(もしくは冷凍庫)で保存してください。

寒い時期は、冷暗所で保管するのがお勧めです。

未開封のお茶.jpg

※冷蔵庫から出したお茶は常温に戻してから開封し、使用するように注意しましょう。冷蔵庫から出してすぐに開封すると、温度差で発生した水滴を吸収してしまうため、お茶の鮮度を損ねてしまいます。

 

3.開封後は、密封性と遮光性のある容器に移し、冷暗所(食器棚の中など)で常温保存してください。

※開封後の冷蔵庫での保存は、冷蔵庫内の匂いを茶葉が吸収したり、出し入れの際に湿気を帯びる原因になるため、避けましょう。臭いの強い食品の横に置くと、茶葉がその臭いを吸い、味・香りが劣化し、おいしく飲めなくなりますので注意が必要です。

茶缶.jpg

 

ジップロックでのお茶の保存.jpg

お茶が茶筒に入りきらない場合は、パッケージのまま入れられる大き目の密閉容器(ジップロックやプラスティック容器等)へ入れ、冷暗所で保管しましょう。

     

IMG_1710_2.jpg

中に入れるお茶の種類によって茶缶を変えるのもかわいいですよね。その日の気分や用途に合わせて茶缶も複数用意して使い分けると匂いも防げ、見た目にも楽しいです。

 

もしも、お茶が湿気たり、お茶の風味が落ちてしまった時は・・・

IMG_1631_2.jpg

・フライパンにクッキングペーパー(鍋やフライパンの匂いがつくのを防ぎます)を敷き、弱火でかき混ぜながらじっくり炒って自家製のほうじ茶にしてみたり、茶香炉にもできます(炒る時はこげてしまわないように注意しましょう)

・お茶パックやガーゼなどに包んで下駄箱やシンク下などに置くと、脱臭効果が期待できます。

 

これから季節も変わり、温かいお茶がおいしくなる季節がやってきます。

保存方法に気をつけて、お気に入りのお茶を最後までおいしくいただきましょう!

 

敬老の日の贈り物の熨斗(のし)のつけ方

2016年の敬老の日は、9月19日の月曜日です。
 
敬老の日には、日頃の感謝や、これからの長寿を願って、家族で食事をしたり贈り物をすることが多いのではないでしょうか。
 
今回は、『敬老の日の贈り物』の包装で用いられる”熨斗紙”のよくある疑問についてまとめました。
 
 
■敬老の日のプレゼントに、熨斗紙は付けるべきですか。

あいやの熨斗(のし).jpg

熨斗紙を付けて贈る方が望ましいです。
 
『熨斗』とは、熨斗紙の右上についている小さな飾りのことをいいます。
もともとは、長寿をもたらすものとして縁起の良い「熨斗鮑(のしあわび)」を贈答品に添えていましたが、次第に簡略化され、今のような形になり、(熨斗付きの紙)『熨斗紙』として扱われるようになりました。

現代の日本の気遣いのかたちとなった熨斗紙を付けると、より祝福の気持ちが込められた贈り物になりますよね。
 
 
■水引の種類は、どれを選べばいいですか。
 
紅白の蝶結び(花結び)を選びましょう。

西条園箱の熨斗 (のし).jpg

紅白の蝶結びは、結び目が簡単に解け何度も結び直せるとの意味合いから、何度あってもよいお祝いごとに使われます。
敬老の御祝も、何度もお祝いしたい事ですので、蝶結びを選びましょう。
 
 
■熨斗紙の表書きは、どう書いたらいいですか。
 
敬老の日の表書きには 「敬寿」や「御祝」 があり、他にも 「寿」「長寿御祝」「感謝」などもあります。

決まりがあるわけではないので、気持ちが伝わりやすい「いつもありがとう」や「敬老の日おめでとう」などもおすすめですよ。

いろいろな熨斗(のし).jpg

敬老の日は「還暦」「古稀」など特定の年齢に達した事を祝う日ではありませんが、贈るお相手の年齢が節目の場合は下記ような表書きを選ぶのも良いですよ。
古稀(70歳)
喜寿(77歳)
傘寿(80歳)
米寿(88歳)
卒寿(90歳)
白寿(99歳)

 

■熨斗紙は、包装紙の内と外 どちらにかければいいですか。
 
お渡しするシチュエーションでお選びいただければOKです。
 
「内のし」→熨斗紙を掛けた上から包装紙で包んだもの

「外のし」→包装紙で包んだ上から熨斗紙を掛けたもの

 
お品を郵送する場合は、熨斗紙に汚れや傷がつきにくいので、「内のし」がおすすめです。
直接お渡しする場合は、「外のし」にすることですぐに贈る目的が伝わります。
地域性も大きく、地方によってどちらが好まれるなどということもありますので、どちらを選んでもマナーに反するということはないです。

内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし).jpg

(左:内のし / 右:外のし)

 

いかがでしたか?
敬老の日まで、あとわずかです。
ぜひ、参考にしていただき、日頃たくさんお世話になっている祖父・祖母へ贈り物とともに感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。
 
あいや店舗でも、敬老の日の贈り物にぴったりなギフト商品を各種取り揃えております。
熨斗紙やその他ご不明な点や商品についてのご相談等、気軽にスタッフにお声をお掛け下さいませ。

 

冷抹茶の作り方

こんにちは。
猛暑ですね。皆様も、体調には一層気にかけて頂きたいと思います。

現在、あいや本店では「冷抹茶」をお出ししております。

この「冷抹茶」、お陰様で大変好評でございます。是非一度お試しいただきたいと思います。

ご自宅でも、お気軽にお試しいただけますので作り方をご紹介したいと思います。

≪準備するもの≫
.抹茶
.茶せん
.茶碗
.冷水(氷でキンキンに冷やした水)
.茶こし(ご家庭ある通常の茶こしで大丈夫です)
.ティースプーン

冷抹茶(準備).jpg

≪作り方≫
1.ティースプーン一杯程度の抹茶を、茶碗に茶こしで、こしながら入れる。
※茶こしでこすことで泡立ちも、風味も良くなります。

冷抹茶(こす).jpg

2.氷でキンキンに冷やした冷水を注ぐ。
※氷水がポイントです。冷えていないと泡立ちがよくないです。
(茶せんを茶碗に入れて置き、上から冷水を注ぐと飛び散らず便利です。)

冷抹茶(水を入れる).jpg

3.茶せんで、小文字の「m」の字を書くように動かしながら、泡立てる。
※お湯で点てるのに比べて、泡が立ちにくいので少々時間がかかります。
最後に、「の」の字を書くようにしてから茶せんを持ち上げると綺麗に泡立ちます。

冷抹茶(点てる).jpg

完成後、氷を浮かべても涼しげで素敵です。

冷抹茶(完成).jpg

以上で、ご自宅で手軽に冷抹茶を楽しんでいただけます。

また、茶せんが無い場合は、空のペットボトルや水筒を使っていただいても作れます。
抹茶と冷水を入れて、よく振ってからお召し上がりください。

今年の暑い夏は、是非冷抹茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。